Last update:2014/9/17

切開法

二重まぶたになるための手術法は、なにも埋没法だけではない。埋没法のメリットとしては、料金が安くすむ、腫れが少ないなどがあるが、もちろんデメリットもある。実は、埋没法による手術で二重まぶたにした場合、一重まぶたに戻る可能性があるのだ。単純にいってしまうと、確かに埋没法は糸でとめているだけのものなので、年数が経てば戻ってしまうことも想像ができる。

切開法の特徴

二重まぶたで一生そのままでいたい、何度も手術をするのは嫌だという人は、切開法という手術方法をオススメする。切開法というのは希望のラインに沿ってまぶたを切開して、余分の脂肪や皮膚を取り除き、縫合を行い二重まぶたを作る方法のことだ。

切開法は、二重まぶたのラインに沿って縫合を行っていくので、傷跡は目立ちにくいといわれている。また、切開法には抜糸を行わない従来の方法と、術後に抜糸を行う最新の方法の二種類がある。
さらに切開法には、その人の目の特徴によって、さまざまな方法がある。手術する人それぞれのまぶたの形で手術法を選べるようになっているので、自分にあった方法を相談すると良いだろう。

切開法の注意点

二重まぶたの手術法として切開法を選ぶ場合だが、切開法のデメリットももちろん知っておかなくてはいけない。切開法は埋没法と違って、料金は高くなる。また、個人差はあるが、腫れも長く続く傾向がある。また、切開法の場合は気に入らなくても元に戻すことができないので、注意が必要である。

Favorite

Last update:2017/3/10