最終更新日:2014/9/17

豊胸手術と乳がん

乳がん再建術

近年、食事内容の欧米化や出産年齢の高齢化などにより、乳がんに罹患し病院で治療を受ける女性が増加している傾向にある。実は、豊胸手術の技術は乳ガン手術後の女性の悩みに大きく貢献しているのだ。ただ、その場合には豊胸手術ではなく乳房再建術と呼ばれている。

豊胸手術の技術で再建させる

乳がんで乳房をなくした方の乳房再建に、豊胸手術の一種である脂肪注入法の技術やプロテーゼ法の技術が役立っている。
豊胸手術で使われる脂肪注入法の技術によって腹部や大腿の脂肪組織と脂肪由来幹細胞を乳がん手術後の乳房に移植する。脂肪注入法の技術で人工物では真似できない柔らかく自然な乳房の形成が可能になる。豊胸手術で使われる脂肪注入法の技術によって、乳房を再建することができるのである。

豊胸手術のプロテーゼ法の技術では、人工乳房(ソフトコヒーシブシリコン)による乳房再建法もある。豊胸手術のプロテーゼ法の技術で人工乳房(ソフトコヒーシブシリコン)をうける場合はいくつかの条件がある。それは、乳房温存術や皮下乳腺全摘術、非定型的乳房切除術後であることなど。

豊胸手術のプロテーゼ法の技術での人工乳房(ソフトコヒーシブシリコン)は、全身麻酔下で乳房切除の傷跡に切開を加えて、皮膚と筋肉の下にしぼめた風船状のエキスパンダーを挿入する。プロテーゼ法の技術での人工乳房(ソフトコヒーシブシリコン)は、注入したエキスパンダーで乳房を大きくした後に人工乳房(ソフトコヒーシブシリコン)を挿入する。

check


Warning: file_get_contents(http://m200b305.f018jp0267.info/random_admin_4a/script/randlink.php) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/tgaqicu7/public_html/inc/randlink.php on line 12