2014/9/17 更新

ヒアルロン酸の注入

ヒアルロン酸注入法で手軽にバストアップ

ヒアルロン酸注入法による豊胸手術は、手軽にバストアップを望む方には最適な豊胸手術といえると思う。従来の豊胸手術といえば、メスで切開してシリコンバックなどを入れるというのが一般的だった。
このヒアルロン酸注入法による豊胸手術というのは、プチ整形のようにメスを使わない施術であ。そのため、ヒアルロン酸注入法による豊胸手術は従来の豊胸手術に比べて短時間で終わるし、ヒアルロン酸を注入するだけで豊胸が可能であるため、多忙なキャリアウーマンや芸能人にも好評な豊胸手術となっている。

ヒアルロン酸の効果と副作用

ヒアルロン酸注入法による豊胸手術で使われるヒアルロン酸は、以前はしわとりで使われることが一般的だった。豊胸手術で使われるヒアルロン酸は、人体の皮膚や細胞にも存在するムコ多糖類の一種。そのため、豊胸手術に使われるヒアルロン酸は身体にとっても安全で、身体へのアレルギーの心配がないことが魅力となっている。

ヒアルロン酸注入法による豊胸手術を行なった場合だが、術後の効果はどのくらい持続するのかというと、だいたい2年から3年ほどといわれている。
ヒアルロン酸注入法による豊胸手術では乳房全体はもちろん、部分的に大きくすることも可能である。ヒアルロン酸というのは本来体内に存在しているもの。なので、ヒアルロン酸を使って豊胸手術を行なったとしても、術後の副作用はないし、除々に体内に吸収されていくので体に残ることもないので安全だといえる。

ヒアルロン酸注入法による豊胸手術の場合は、手術後翌日から入浴することが可能だ。また、妊娠中や授乳中でもなんら問題はない。

注目サイト

EPARK歯科の記事
https://www.facebook.com/eparkshika/

2017/2/27 更新