Last update:2014/9/17

プロテーゼ法

一般的な豊胸手術

プロテーゼ法は、豊胸手術の中で最も一般的な豊胸手術の方法である。プロテーゼ法で豊胸手術に使われるプロテーゼというのはシリコン製のブラパッドのようなバッグだ。豊胸手術のプロテーゼの中身には、一般的に生理食塩水やハイドロジェルが使われている。プロテーゼ法で豊胸手術に使われるプロテーゼのバックは破損してしまう事もある。

プロテーゼの製造

プロテーゼ法で豊胸手術に使われるプロテーゼの製造は実は厚生労働省で認可されていない。そのため、プロテーゼ法での豊胸手術に使われるプロテーゼは、国内では製造することができないのだ。プロテーゼ法での豊胸手術に使われるプロテーゼの寿命というのは、生理食塩水のものでだいたい10年から14年くらいといわれている。このように、プロテーゼには寿命があるため、豊胸を保ちたいと思ったら再手術が必要となる。

プロテーゼ法での豊胸手術に使われるプロテーゼにコヒーシブシリコンというものがある。豊胸手術に使われるコヒーシブシリコンには表面がざらついている物と表面がつるつるしているものがある。
また、豊胸手術に使われるコヒーシブシリコンのバッグの形状は丸型か変形丸型(涙型)の二種類がある。変形丸型のコヒーシブシリコンのバッグを使うとバストラインが美しくみえるが、位置がずれることもある。

プロテーゼ法で豊胸手術に使われるプロテーゼは、自分のイメージした大きさに自由に調節する事が出来る。豊胸手術によって自分にあったバストを手に入れたい方にはプロテーゼ挿入法が適しているといえるだろう。

Valuable information

集英社
http://www.shueisha.co.jp/

Last update:2015/3/3