Last update:2014/9/17

レーザー治療の注意点

レーザー治療でほくろ除去をする場合には、メリットもあれば当然デメリットもある。レーザー治療によるほくろ除去は、基本的にはメリットのほうが大きいと思われる。 なぜならば、今まで悩んでいたほくろ除去ができるのだからね。しかし、前もってメリット、デメリットをしっかり把握しておくことが大切だ。

術後のアフターケア

レーザー治療によってほくろ除去をおこなう場合のデメリットとしては、やはりアフターケアが大変なことがあげられる。ほくろ除去の後には消毒と保護テープをある程度の期間やり続ける必要がある。また場合によっては、塗り薬や飲み薬が処方されることもある。

ほくろ除去後のアフターケアの期間に関してですが、まずはほくろ除去後1ヶ月は毎日、消毒と保護テープの使用が必要となる。それから数ヶ月、最悪の場合は半年ぐらいの間は、ほくろ除去後の患部に紫外線を当てないように気をつけなければならない。

ほくろ除去後に、なぜこのようなアフターケアが必要になってくるのかというと、それはほくろ除去後の患部がきれいになるために必要になるからだ。このアフターケアをサボってしまうと、傷跡が目だってきてしまう恐れもある。また、紫外線保護をしっかりしていかないと、またほくろが出てきてしまうかもしれないのだ。

                    9  8  7   前のページへ >>  

check

HIS
http://www.his-j.com/

Last update:2015/3/3