2014/9/17 更新

レーザー治療のメリット

レーザー治療でほくろ除去をする場合には、メリットもあれば当然デメリットもある。レーザー治療によるほくろ除去は、基本的にはメリットのほうが大きいと思われる。なぜならば、今まで悩んでいたほくろ除去ができるのだからね。しかし前もってメリット、デメリットをしっかり把握しておくことが大切である。

短時間の手術

レーザー治療によってほくろ除去をおこなう場合のメリットとしては、まずは何よりも短時間でできることにあるだろう。施術時間自体は数分で終わることもある。除去するほくろの数が多ければ、多少は時間がかかる可能性はあるが、あっという間に施術は終了する。

痛みなしで入浴もOK

レーザー治療によってほくろ除去をおこなう場合のメリットとしては、入院などの必要がないということ。また、手術による痛みもほとんどない。レーザー治療によるほくろ除去は短時間で終わるため、翌日には仕事や学校に行くことができる。レーザー治療によるほくろ除去では、麻酔を使用しているが、痛みも出血などもないようだ。また、入浴に関してもテープで保護しておけば、翌日からなら可能となっている。

跡が残りにくい

レーザー治療によってほくろ除去をおこなう場合のメリットとして、傷跡が残りにくいことがあります。レーザー治療なので、ほくろにピンポイントにレーザーを照射する。そのため、ほくろ以外の部分を傷つけることはないし、しかもほくろ除去の跡も残りにくいようだ。

pickup

2015/3/3 更新